必要不可欠である有料老人ホームの理想

老人ホーム

老人ホームは必要不可欠な存在

最近日本では有料老人ホームの不足などから、在宅介護を重視する方向になっています。しかし単身高齢者や常時医療や介護を要する人など有料老人ホームへの入居が避けられない人もいる事実も知っておく必要があります。何でも在宅と考えると「要介護者等は家族で介護するもの」という考えが浸透し、虐待等の悲惨な状況に追い込まれる可能性も出てきます。老人ホームは必要不可欠な存在として、今後も高齢化社会にとって重要な役割があります。

また、老人ホームには医療や介護だけではなく他者との交流などを通して孤独感の解消につなげる役割もあります。大阪で有料老人ホームに入居する事は決して悪い事ではなく、人によっては人生を豊かにするために大切なのです。在宅で介護する事は必要ですが、それと連動して老人ホームの整備も重要です。介護報酬の減額により特別養護老人ホームの建設を諦めた事業者もありますが、これによって入居を希望する多くの人の生活に支障が出る事になるのです。



介護報酬という施設に入ってくるお金が増額され、必要な有料老人ホームの建設につながるためには国民全体の理解が必要です。何故なら消費税等の負担増加が避けられないからです。社会全体で人を支える事を目的とした介護保険を継続していくために何が出来るか、国民全体で考えていく必要があります。



法律的には、老人ホームは特別養護老人ホームと、有料老人ホームがそれに当たります。特別養護老人ホームは、費用は安くて済みますが、希望者が多くて中々入居できないのが現実で、介護のレベルが要介護4以上に限定する動きが出ています。



一方の大阪の有料老人ホームは、健康な高齢者が生活面のサービスを満喫し、老後を楽しむたに、自宅を引き払って入居する高級ホテルの様な有料老人ホーム大阪と、身体介護が必要となり家族だけでは面倒が見きれなくて入居する介護付き有料老人ホームに大別されます。



前者の有料老人ホームは、費用がいくらであれ、そのサービスに納得できれば、超高級な施設があっても当然良いと思います。

ただ本当は特別介護老人ホームに入居を望んでいて、入居できないために入る人の多い後者の介護付き有料老人ホームは、国の補助金などでもう少し安く入居できるようにならないかと思われます。特別養護老人ホームも本人の国民年金だけでは少し苦しいかも知れませんが、厚生年金の遺族年金を受給している人なら年金だけで費用は賄えます。



しかし、介護付き有料老人ホーム大阪の場合、入居一時金が不要でも、月々の支払いは遺族年金受給者でも家族の負担支援がなければ入居は困難です。施設自身に対する条件をあるのでしょうが、もう少し国の補助金で費用を下げ、介護により家族も生活が古しくなる事だけは防げないものでしょうか。



有料老人ホームの虐待などのニュースを見ると暗い気持ちになりますよね。私が年を取った時に子供の世話にはなりたくないので、大阪有料老人ホームに入りたいと思っています。足腰弱って、思うように動けなくなったときに、虐待なんかされたら悲しくなります・・・。



どうして虐待なんかするのかなと考えたのです。友達がちょうど老人ホームで大阪で働いているのですが、やっぱり介護って大変みたいですよね。安い給料でなんでこんなに大変なんだと友達はいつも思うようです。やっぱりイライラすることが多いようです。



だからと言って虐待をする人は少ないと思います。友達もイライラしても虐待なんてありえないと言っています。でも一部の人間はしてしまうんですよね。もっと介護している人のお給料をアップさせることができたら、虐待なんてなくなるのかなと思います。

最後に住むべきなのは老人ホームです。コチラでは、穏やかな時間を過ごしたいと思います。そのためにお金を必死に貯めていますし、贅沢はせずに暮らしています。年を取った時にお金がないと寂しですし不安ですよね。子ども達にお金を出してほしくありません。有料老人ホームを探して、楽しく生活すること理想ですね。今はたくさんの老人ホームがあり、選ぶの大変そうだなぁと思います。

New Posts

老人ホーム勤務は肉体と精神どちらが辛い?

老人ホームで働くにあたって、躊躇してしまうのは、やっぱり老人ホームに入所している利用者さんたちの人生も垣間みてしまうからなのですよね。いや、垣間見るだけで…

老人ホームで働くのが夢です

私はおじいちゃんが大好きでした。子供の時、両親が共働きで私はいつもおじいちゃんの家にいたのです。そして夜遅くに母が迎えに来てくれていたのです。そんな生活を…

老人ホーム人気はやっぱり建物の新しさ?

「家庭的な雰囲気」ですとか、「アットホームさが売り」ですとか、老人ホームに対してさまざまなコピーがつけられてはいるのですが、しかしやっぱり利用者家族側から…

子供たちとお年寄りの交流会

私は、子供に携わる仕事をしておします。子供の仕事もまた老人と同じく人と人との関わりあいあいなので本当に難しく、また、責任のある仕事だとおもいます。今回、私…

TOP